守るべきものができて

託児所に子供を預けて看護の仕事をしている看護師がいることでしょう。託児所に子供を預ける際に、「子供を預けるならば、託児所が完備されている病院の方がいいんじゃないかしら。仕事が終わった後に病院内で子供を迎えに行くことができるから便利に感じることは間違い無いわ」と思う方がいることが窺えるのです。託児所があることで働く女性にとっての支えとなり、仕事と育児に専念していく上での要となるのです。託児所があることで仕事を辞めないで済む女性が多いと思い、託児所そのものが働く上でのモチベーションを高めていると言っても過言ではないと思うのです。
 
昨今では、働く女性を支援する一環として、託児所を増設する動きが盛んになっていて、そうした動向が働く女性が増えていくことのきっかけになっていると思うのです。託児所の増加は、今の社会を象徴していると思い、いかに働く女性を高く評価している方が多いのかが見て取れるのです。看護師として働く方も、子供を託児所に預けられる環境であることに感謝していることがうかがえるのです。託児所があるからこそ、看護の仕事に前向きになれる方がいると思い、今後においても託児所が必要であり続けることが考えられるのです。託児所付きの病院で働いている看護師は、同じ建物内で緊密なつながりを感じるため、親子の絆を肌身に感じていることでしょう。その絆が看護師としての力を高めているかもしれません。託児所が看護師の要望に応える拠り所となるのです。